女の人
  1. ホーム
  2. 小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術

お尻

小陰唇肥大を改善する小陰唇縮小手術

小陰唇肥大を改善するために肥大部分を切除する小陰唇縮小手術の費用は、自由診療となるために全額自己負担とってしまいます。手術には2パターンあり、メスによる切開手術が250,000円程度、レーザーによる手術が350,000円程度となります。全額自己負担となるため高額になってしまいますが、小陰唇の肥大で悩みを持ってしまう人は多く、婦人科形成手術の中でももっとも需要が多い手術と言われています。

小陰唇縮小術の大まかな流れと術後の注意

一般的な切開手術の流れとしては、まず手術開始前に小陰唇の大きさを計測し、仕上がりのイメージをデザインし、手術部位に印をつけます。この工程で自身でも仕上がりがどういった感じになるのかという事を確認することができる場合もあります。手術の際は局所麻酔をしてから行うため、麻酔注入時の痛み以外はまったく痛みを感じない場合が殆どです。また、手術を受けるクリニックによっては点滴による整脈麻酔や笑気麻酔なども選択することができます。その後、デザインに沿って器具を取り付けて止血をしながら切除し、糸で縫合していきます。術後は軟膏を塗ってガーゼをあてて、小陰唇縮小術の手術は完了となります。術後に痛みが出る場合は痛み止めを服用し、手術当日はできるだけ安静に過ごすようにしましょう。また、手術後は日常生活を行っても大丈夫ですが、微量の出血が続く事が数日ほどあります。ナプキンかガーゼなどを患部に当てて生活をするようにしましょう。1週間以内に抜糸を行い、シャワーも抜糸後から可能とはなりますが、湯船の入浴はそれより遅くなってしまい、1週間後から可能となります。また、運動なども1周間は控えた方がいいでしょう。抜糸後1週間後には殆どの日常生活が可能になりますが、性行為は1ヶ月程度控えるようにしておきましょう。