女の人
  1. ホーム
  2. 小陰唇のコンプレックス

小陰唇のコンプレックス

落ち込む女性

小陰唇の肥大は本当に異常なのか

小陰唇は外からわかる部分だけに、形、大きさ、色などについて気にする人が少なくありません。しかしながら、小陰唇の色や形は先天性であるとされていて、非常に個人差が多いものになっています。日常生活に影響が出ない程度であれば、女性の性機能の問題とはなりません。もちろん、肥大しているからといって性行為の問題となることも殆どありません。しかしながら、小陰唇肥大などの場合はどうしてもコンプレックスになりがちです。

小陰唇肥大の手術を検討する前に

小陰唇肥大のための小陰唇縮小手術は自由診療となるため、健康保険などの保険の対象外となります。そのため、医療費用が全て実費となってしまい、どうしても高くなってしまいます。すぐ手術と判断せずに、標準や正常範囲を適切にアドバイスしてくれる婦人化形成外科などもありますので、カウンセリングを受けてみるのもコンプレックス解消のために効果的です。また、パートナーからどう思われているかを気にしてしまう場合などは、勇気を出して聞いてみることも必要です。デリケートな問題となってしまうため、どうしても切り出すのが難しいといったこともあるでしょうが、好きな相手であれば気にならないといった意見や、悩んでいる事に対して心配になるといった意見なども実際多く挙げられています。女性でも男性器の大きさや仮性包茎などが気にならないといった人も居るように、性的なコンプレックスについて、パートナーは自身ほど気にしていないことが実はよくあります。